2017年06月07日

プロコン育成塾を修了して(野村英寿さん)

 プロコン育成塾第12期生の野村英寿です。

この度、診断実習の集大成である診断先企業への報告会を終えることができました。

野村さん写真.jpg


 当初は自身の診断士・コンサルとしてのスキルアップ目的でこの塾を受講していましたが、報告会とこれまでの塾のカリキュラムを振り返って、当プロコン育成塾ではスキル(技術)以外にも重要なことをたくさん学ぶことができたと、改めて気づきました。

 特に企業診断とその報告会では、「すぐにでも実践できる提案や助言でなくては意味がない」と強く感じました。また、「経営者や従業員をやる気にさせる後押しが、支援する我々の役目である」ということが、やってみて初めて「自分ゴト」になったように思います。

 現在は支援機関に勤めていますが、塾で学んだことの実践を通じて、一つでもクライアントのお役に立てるように頑張っていきたいと考えています。


 講師の皆さま、事務局の皆さま、本当にありがとうございました。


posted by プロコン育成塾 at 17:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

第13期プロコン育成塾の申込みは定員に達しました!

第13期の受講生募集は、6月6日、10:30に定員に達しました。


 早々にお申し込みをいただき、ありがとうございました。
なお、本日10:30以降にお申込みの方々につきましては、誠に恐縮ですが、「キャンセル待ち」とさせていただきます。

 キャンセル待ちの方々には、辞退者が発生次第、順にご連絡いたします(最終的に7月初旬までには、確定いたします)。

 次回(来年度)の開催につきましては、詳細が決まり次第、当ブログなどでご連絡します。どうぞよろしくお願いいたします。




posted by プロコン育成塾 at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

第13期塾生の募集を開始します!

 当プロコン育成塾は、プロコンに求められる能力を身につける場として、毎年好評をいただいております。日程・カリキュラム内容等、詳細は右欄に掲載のチラシをご覧ください。

 本日より、第13期の塾生を募集いたします。
お申し込みは、下記リンクより申込フォームへアクセスいただき、必要事項を記入のうえ送信ください。

http://goo.gl/forms/1KhbTUPvOcyDNR1I3

 なお、申し込みは先着順で受け付けています。定員に達した後は「キャンセル待ち」とさせていただきますので、ご希望の方はお早めにご応募ください。
 プロコンをめざす皆様、奮ってご応募ください!


posted by プロコン育成塾 at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

プロコン育成塾を修了して(伊藤勢津子さん)

 プロコン育成塾第12期生の伊藤勢津子です。

 私は、この4月に診断士として独立しました。そして今、本当に当塾のありがたみをひしひしと感じています。塾で教えていただいたことが、現場で大変役に立っているからです。また、先生方には修了後も色々とフォローしていただき、感謝の念に堪えません。

伊藤さん写真.JPG


 しかし独立したのは、このプロコン育成塾を受けて「これならやっていける」と自信を持ったからでは決してありません。全く反対で、「こんなにできないようでは恥ずかしすぎる。何とかもっとチャレンジしたい」と思ったからです。

 診断実務では繁忙期のため経営者とお会いするのさえままならず、調査も一向に進まない状況でした。診断先企業への報告会では、臨む前から不充分感はありました。しかし、担当講師から「最初から負け戦ではなく、現場では全力を出し切れ!」という叱咤激励をいただき、力を出し切りました。その甲斐あってか、報告会翌日に経営者からランチを誘われるという、嬉しい出来事もありました。この経験を心に留め、今後も自己研鑽してまいります。

 診断先企業、講師の皆様、事務局の方々、同期生の皆さまには本当にお世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。




posted by プロコン育成塾 at 01:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

プロコン育成塾を修了して(廣瀬達也さん)

 プロコン育成塾第12期生の廣瀬達也です。

 4月の診断先企業への最終報告をもって、全てのカリキュラムを本当に無事に修了することができました。

廣瀬さん写真ラスト.jpg


この塾の「熱い講義」と「診断実務」は、私にとって得難い成長の場となりました。

【熱い講義】
 プロコンとして活躍されている講師の方々の講義は、実際の経験に裏付けられた熱く濃いものでした。「ここまでオープンに教えてくださるのか!」と思える貴重なノウハウ、そしてエネルギーをいただきました。自分の経験だけで同等なボリュームの知識やスキルを習得するとしたら、何年かかるか想像できません。

【診断実務】
 複数人でワイワイやった実務補習しか体験していない私にとって、この塾で体験した一人での企業診断は予想(期待?)どおり厳しいものでした。
 自分一人で「考える」「調べる」「提案する」「行動変革を実現する」という、プロコンの基本動作を学ぶ機会となりました。サンプル的な報告書の雛形を見せてもらったり、おおよその筋道を示してもらえたりすれば、経験が浅いなりに前に進むことはできます。しかし、この塾では「自分一人」で考えて行動しなければいけません。「教えてもらえない」は泣き言にしかならないのです。

 最後に、診断先企業、講師の方々、事務局、そして素敵な第12期生の皆さんに改めて感謝します。これからもよろしくお願いいたします。


posted by プロコン育成塾 at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする