2018年04月18日

プロコン育成塾を修了して(齊藤直子さん)

 プロコン育成塾第13期生の齊藤直子です。


斎藤直子_0422.jpg


 先日、企業診断の報告会を終え、プロコン育成塾の全てのカリキュラムを終了いたしました。
塾の講義では、先生方からプロコンとしての極意を惜しげもなく伝授いただき、メモを取る手が止まりませんでした。感嘆するだけに留まらず、実践に活かしていくことが今後の課題です。

 企業診断は、予想以上に自分の期待したとおりに進みませんでした。忙しい中小企業の方々を巻き込んで、物事を進めていくことの難しさを痛感しました。作成した報告書については、診断内容だけでなく、多少自信を持っていた文章の書き方にまで多くのご指摘をいただきました。

他にも、報告会で拝見した同期の皆さんの取り組み方や、先生や先輩方の発表に対するアドバイスなどから、自分が持っていない視点を学ぶことができました。
現時点で至らない点も多いのですが、自分は伸び代がまだまだ沢山あると前向きにとらえ、今後とも精進を重ねていきたい所存です。
posted by プロコン育成塾 at 05:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

最終回 報告書のフォローアップ会が開催されました。

 2月17日(土)、第13期プロコン育成塾は第6回(最終回)を迎えました。

 前回1月の報告演習における講師や先輩修了生からのフィードバックを踏まえ、各塾生は報告書を大きく練り直してきました。今回はその修正稿に対し、複数の講師と他の塾生から意見を受け、内容をさらにブラッシュアップさせることを主眼としています。

IMG_2395.JPG

ディスカッション.jpg

IMG_2412.JPG

 前回の報告演習を通じて、塾生は、診断先企業の立場に立つことの大切さや、改善提案の土台である現状分析の重要性を、身に染みて学んでいます。これを念頭に、各グループでは忌憚のない意見や質問が交わされました。さらに、お互いの報告書に触れることで、新たな刺激や気づきが得られたようで、議論は予定時間一杯、続きました。各ディスカッションの最後には、担当講師から、さらに深めるべき点や追加すべき点について講評がありました。
 塾生からは、下記のような感想が寄せられました。
・他のメンバーの報告書を吟味することで、自己の診断内容を客観視する視点が持てた。
・議論を通じてこれまでの講義内容を思い出し、理解を深めることができた。
・自身への質問を受けることで、報告内容に説明不足や理解しにくい点があることに気づいた。
・今後、報告書を修正するべきヒントが見つかった。
・他の塾生の報告書を見ることで、自分の報告書に取り入れたいと思うことがたくさんあった。


 終日にわたる検討会の後は、大場塾長による修了講義が行われました。テーマは「プロコン10か条」です。プロとして活動していくために必須の心構えが伝授されます。この10か条は、プロコン育成塾の原点として脈々と受け継がれています。「将来、仕事の壁にぶつかったとき、この10か条に立ち戻ることでそれを乗り越えてほしい」との塾長の想いが込められた講義でした。

IMG_2440.JPG


 修了講義に引き続き、修了式が執り行われました。塾長から一人ひとりに修了証書が手渡され、ねぎらいと激励の言葉が贈られました。塾生は皆、濃密な時間を過ごした達成感とこれから診断先企業への報告に向かう緊張を胸に、晴れやかな表情で修了証書を受け取っていました。

IMG_2445.JPG

IMG_2449.JPG



 場所を移しての「打ち上げ会」では、和やかな空気に包まれる中、塾生から半年間にわたる受講の感想や今後の抱負が語られました。プロコンとしての覚悟、同じカリキュラムを終えた仲間との連帯感、自分の弱さと向き合う時間など、各人が得られたものは一生の宝となるでしょう。最後に講師全員から激励の言葉があり、興奮冷めやらぬ中で散会となりました。

IMG_2507.JPG

IMG_2498.JPG

IMG_2608.JPG


 第13期プロコン育成塾は、これですべてのカリキュラムを終了しました。塾生の皆さん、半年にわたり、本当にお疲れさまでした。
 今後、各塾生は担当講師とマンツーマンで報告書を仕上げ、診断先企業へ報告を行うことで、本当の意味で「修了生」となります。塾生の改善提案によって、各診断先企業に良い変化が生じることを期待しています。



posted by プロコン育成塾 at 20:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

第13期プロコン育成塾 報告演習が開催されました!

 半年に及ぶプロコン育成塾の佳境である報告演習が、1月20日(土)と21日(日)の2日間にわたり開催されました。

 演習では、塾生が講師や同期生の前で、担当企業の分析内容や改善策について発表し、その後、講師からのフィードバックを受けます。フィードバック内容は、これまでの講義で教授された「中小企業特有のニーズ把握」「現状分析と真因の探り方」「文章表現」「報告書の構成」「プレゼンテーション技術」の各観点から、下記のような指摘や指導がなされました。
・業種ごとに必須の項目を分析していない(例えば、飲食業や小売業では商品分析など)。
・分析が浅く(または分析自体ができておらず)、真因の発見と的確な改善提案に至っていない。
・診断先企業の社長が話した内容をまとめただけの報告書になっている。
・提案内容が一般的な解決手法に留まり、その企業の現状に即した課題解決を提示できていない。
・先方の企業に対して、敬意を持った報告書になっていない。

 また、オブザーバーとして参加の第12期までの当塾修了生からも、自らの受講体験を踏まえたコメントをいただきました。

 一見、厳しいようですが、育成カリキュラムに乏しいプロコンの世界では、自らの業務について指摘を受ける機会は通常ありません。そのため、この報告演習は数少ない学びの場となっています。塾生の皆さんは、今後プロコンとしての人生を送るうえで、忘れられない教訓を得ることができたのではないでしょうか。

IMG_1361.JPG

IMG_1606.JPG

 2日間にわたる報告演習が終了した後は、間を置かず、「振り返り講義」が行われました。「文章力・プレゼンテーション力」「診断能力」「本質的原因の掴み方」「改善提案力」「全体講評」の各項目について、塾生の報告内容を踏まえた、まとめとしての講義です。手厳しい指摘もありましたが、これらアドバイスは、塾生にとって今後のステップアップに繋がるきっかけでもあります。併せて講義後には、今後どの能力を伸ばすべきか考える材料として、各講師による採点結果も配付されました。

IMG_1926.JPG

IMG_1971.JPG



 さて、緊張から解放された空気の中、終了後は恒例の懇親会です。今回は先輩修了生の方々も多数参加され、いつも以上に賑やかな会になりました。塾生の皆さんの、解放感と充実感に満ちた表情が印象的でした。

IMG_2000.JPG

図1.png

 次回は、当塾として集合して実施するカリキュラムとしては最終回です。今回の演習で受けた指導内容を反映して報告書をブラッシュアップし、講師と塾生のグループでその修正内容を吟味します。塾生の皆さん、プロコンとして診断先企業の経営に貢献できるよう、もうひと踏ん張りして次回に臨んでください。


posted by プロコン育成塾 at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

塾生の声をお届けいたします!(MYさん)

 第13期プロコン育成塾、塾生のMYです(都合によりイニシャルでの投稿とさせていただきます)。

 私は、地域金融機関で企業内診断士として働いています。2013年に診断士登録をして以来、独立したいという思いはありましたが希望に留まり、具体的な行動はしていませんでした。しかし、企業再生案件での出向で改善の手応えを掴んだことが転機となり、独立を希望から「目標」に変えることができました。

 独立が目標に変わったことで、「いつまでに、何をしなければならないか」を意識するようになりましたが、周りにアドバイスをしてくれる人はいません。そんな時、「プロコン育成塾」と運命の出会いがありました。

 開講後4か月が過ぎ、塾長や講師陣の熱い指導により、独立して活躍するために身に付けるべきスキルが分かってきました。一方、これまで習得したつもりになっていた点が多々あり、さらに身に付けたスキルを使いこなせていない点も痛感しております。

 また、プロの世界では「何でもできる=何もできない」と見られるため、受講期間中に自分の得意分野を作り、「あるべきプロコン像」に一歩でも近づけるよう、講義の内容を実践したいと考えております。



posted by プロコン育成塾 at 09:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

塾生の声をお届けいたします!(中井さん)

 第13期プロコン育成塾、塾生の中井です。

注意_名字のみ掲載_中井.jpg

 第4講まで受講した所感を報告します。
 何かを新しく始める際に我流は概して非合理であり、まず型を知ることが重要だと考えています。そのために、私は当プロコン育成塾を「諸先輩それぞれの経験を丸ごと吸収できる場」ととらえ、受講しています。

 講義では、コンサルタントの先輩である講師の方々は、ご自身の経験や自問自答の過程を惜しみなく開示してくださいます。リスクを抱え独立しようとする我々塾生に「プロコンになるための最短距離を歩んでもらいたい」、という思いを受け取っております。

 また、「コンサルの現場経験と講師陣からのフィードバック」は、この塾のもう一つの大きな魅力です。この機会は生涯一度限りであると意識しています。1月の報告演習では、未熟さから図らずも我流に走った私の診断成果(報告書)を叩き潰していただくことを期待しています。その叩き潰された「インパクト」を、将来の糧にしたいと思っております。




posted by プロコン育成塾 at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする