2017年05月11日

プロコン育成塾を修了して(松田淳さん)

 プロコン育成塾12期生の松田淳です。

 早いもので、3月に診断先企業への報告を終えて、1ヶ月以上が経過しました。
プロコン育成塾での経営診断で一番勉強になったのは、問題点を多面的に検討しながらも深く掘り下げ、真の原因を追究することと、様々な事実関係を実地で確認することの重要性です。そのためには質問も効率的に行う必要がありますが、今振り返ってみると、かなり遠回りしていたように思います。

松田さん写真ラスト.jpg

 プロコン育成塾では非常に多くのことを学ばせていただき、本当に勉強になりました。また、報告会終了後も今後の活動について示唆に富むアドバイスをいただきました。

 これから当面は、公的機関での仕事が中心となる予定です。業務を通じて問題点を掘り下げ、少しでもクライアントの役に立つよう、スキルアップを図っていきたいと考えております。

 講師の先生方、事務局の皆様、第12期生の皆様、本当にありがとうございました。


posted by プロコン育成塾 at 16:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

プロコン育成塾を修了して(北村真吾さん)

 プロコン育成塾12期生の北村真吾です。

 3月に診断先企業への報告会を終えました。
この場をお借りして、協力いただいた企業様と診断実務のご指導をいただいた大場先生に感謝の言葉を述べさせていただきます。ありがとうございました。

北嶋さんラスト写真2.jpg


 全てのカリキュラムと報告会を終え、私のコンサルスキルの未熟さを教えられました。診断士試験に受かり、そのまま見よう見まねでコンサル活動をしていましたが、まだまだ私自身、成長の余地が大きいことに気づくことができました。

 講師の先生方と塾生とでディスカッションした報告書のフォローアップでも、多くの発見がありました。先生方からのアドバイスに加え、今まで見ることのなかった他の塾生の診断報告書を目にすることができました。2日間のディスカッションで、3年分ぐらいの成長ができたと思います。

 これから再び私のコンサル活動が続きます。プロコン育成塾で学んだことを忘れず、ますます自己研鑽していきたいと思います。


posted by プロコン育成塾 at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

プロコン育成塾を修了して(楠田貴康さん)

 プロコン育成塾第12期生の楠田貴康です。

 昨年9月から始まった当塾のカリキュラムも、今年3月に診断先企業への報告を実施するところまで無事終えることができました。先方の企業には貴重なお時間を頂戴したうえ、報告会の写真を自社のブログにも載せていただきました。

 一連のスケジュールを終了し、ご指導を受けながらも「一人での企業診断」ができた実感と魅力を噛みしめています。

楠田さんラスト.jpg

 「プロコン育成塾」の受講を通じて、数々の学びをいただきました。

1.診断現場で何が起きているのかを知ること。 
  「プロコン10か条」を念頭において、あとは経験を積む。

2.残された時間が少ないこと。
  常に「こだわり」を大切にする。

3.自分の商品を早く創り、売り出すこと。
  私自身は、「ボトルネック解消コンサル」を商品とし、顧客へ提供する価値を高めていく。今後もプロコンスキル研究会などの場で、アウトプットを通じた研鑽を深める。

 この場をお借りして診断先企業、講師、事務局、第12期生の皆々様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


posted by プロコン育成塾 at 02:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

最終回 報告書のフォローアップ会が開催されました

 2月11日、この冬一番の寒波が押し寄せる中、プロコン育成塾の第6回(最終回)が開催されました。

 今回は初めての試みとして、診断報告書の修正版について、受講生同士のグループディスカッションと講師による フィードバックを実施しました。前回の報告演習にて、各人とも多くの指摘を受けています。従来はその指摘内容を担当講師とマンツーマンで修正し、診断先企業へ報告していました。今年は修正した報告書に対して、複数の講師 と他の受講生から意見を受ける場を設定し、報告書の完成度を さらに上げることとしました。
ディスカッション1.JPG

ディスカッション2.JPG

ディスカッション3.JPG

 ディスカッションの場では、受講生お互い の診断内容に刺激を受けたのでしょう、受講生同士で活発な意見が交わされました。他の診断士が関わる事例に対して、短時間で内容を理解し て意見を出すことも、プロコンを目指すうえで必要なスキルです。受講生にとって、新鮮で有意義な経験になったことでしょう。

 受講生からは、下記のような感想が寄せられました。
「同期生からのアドバイスやディスカッションは、講師とは違った視点で良かったです。他の受講生の報告書は大変参考になりましたし、自分との違いがよく分かりました」
「他の受講生の診断内容とそれに対するコメントを聞き、ディスカッションできたことが参考になりました」
「他の方の発表や自分の発表に対して、先生やメンバーの方々からいろんなヒントを頂けました」


 終日にわたるディスカッションを終え、修了講義に入りました。テーマは「プロコン10か条」です。大場塾長から、プロとして活動していくために必須の心構えが伝授されます。この10か条は、毎年少しずつ進化しつつ、プロコン育成塾の原点として脈々と受け継がれています。

修了講義.JPG

 修了講義に引き続き、修了式が執り行われました。大場塾長から一人 ひとりに修了証書が手渡され、ねぎらいと激励の言葉が贈られました。受講生は皆、晴れやかな顔で修了証書を受け取り、握手を交わしておられました。

修了式.JPG



 その後は場所を移し、打ち上げ会です。ほっとした空気の中、受講生には半年間受講した感想やこれからの抱負を語っていただきました。皆さん、開講時は漠然とした希望や不安を口にしていましたが、今日は次の一歩を踏み出す決意表明の姿勢へと進化されていたのが印象的でした。締めくくりに 講師全員から激励の言葉をいただき、感激のうちに会を終えました。

懇親会1.JPG

懇親会2.JPG

懇親会3.JPG


 第12期プロコン育成塾は 、すべてのカリキュラムを終了しました。受講生の皆さん、半年にわたり、本当にお疲れ様でした。しかし、今日は新たな始まりに過ぎません。まだ診断先企業での報告会も残されています。
今後は当塾で学んだことを土台に、それぞれの立場でレベルアップを目指し、プロコンスキルを向上すべく頑張って ください。
posted by プロコン育成塾 at 13:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

受講生の声をお届けいたします!(野村英寿さん)

 プロコン育成塾12期生の野村です。

野村さん自己紹介.JPG

 私がこの育成塾に参加したのは、コンサルタントとしてのあるべき姿やスキルを学びたいと考えたことがきっかけでした。
 その背景には、これまで実務補習を含めて数社の企業支援をする機会がありましたが、正直なところ、いずれも「本当に企業の役に立つものであったのか」という不安が残り続けていたことにあります。

 また、支援機関に勤めていますが、より実効性の高い支援を行うためにどうすれば良いか悩んでいたことも、育成塾への参加を決断した理由の一つです。

 育成塾は、クライアントの信頼を得るための立ち居振る舞いから、表層的な問題ではなくその企業が抱える真の問題を分析する手法など、これまで自分に足りなかったことを学べる機会となりました。

 さらに、多くの先生方のお話を伺える機会もあり、診断士として自身のあるべき姿を考えるきっかけを沢山得ることができました。

 現在は育成塾として行う企業診断も終盤を迎え、報告のための準備を進めているところです。
 これまで育成塾で得たものを活かして、その企業の経営改善に一つでも役に立つ診断報告となるように頑張ります。
posted by プロコン育成塾 at 16:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする