2016年12月26日

第12期プロコン育成塾 第4回が開催されました!

 朝晩、冷え込みを感じる12月3日(土)、第12期プロコン育成塾の第4回目が開催されました。

 今回はまず第5講として、伊藤講師から「プロコンに求められる文章力・書類作成能力」についてお話しいただきました。

5kou.jpg

 プロコンには、現場でさまざまな書類を作成する能力が求められます。いったん作成し提出された書類は独り歩きし、思わぬところで書き手の評価を上げたり落としたりします。
 伊藤講師は、数多くの書類を作成し見てきた経験から、その重要性を強く認識されています。「我々が作る書類は仕事の評価として残る結果であり、それは将来にも影響するものである」と、力説されました。

 文章は、主語と述語の間隔や修飾語の書き方一つ取っても、読み手にスッキリと伝わったり逆に混乱させたりします。講義では、いくつもの実例とそれに対するディスカッション、講師の解説がなされました。受講生にとっては、文章の良い例、悪い例の認識を通じて、言葉に対する感覚を研ぎ澄ませる機会になったのではないでしょうか。

 続いての第6講は、引き続き伊藤講師より「説得力を高めるプレゼンテーション方法」についてお話しいただきました。

6kou.jpg

 プロコンは、セミナーや研修の講師として人前で話す機会が多く、また、経営者へのプレゼンスを高める意味でも、プレゼンテーション能力は必須の能力といえます。しかし、プレゼンテーション能力に気を配っている診断士は、意外と少ないのが現状です。
 プレゼンテーション能力を高めるに当たり、初心者は手法のみに気を配りがちです。しかし、手法を学ぶだけでは相手には響きません。説得力を高めるためには、自己を正しく認識して、自分の言葉で話すことが重要です。「形式だけではなく、自己の存在で話すことが重要」と、強調されました。また、プロらしさを印象付けるための立ち居振る舞いや服装などのお話しもされました。

 午後からの第7は、当塾第6期修了生の志水講師による「独立1stステージにおける公的機関の仕事」と題して、独立間もない時期におけるお話をいただきました。

7kou.jpg

 診断士が独立して間もない時期は、公的機関の専門家登録から仕事を始めるケースが多いものです。しかし、長年の会社勤めを経て独立した方々が陥りがちな失敗や、公的機関ならではの留意するべき点があります。講義では、講師自身の駆け出し時代に工夫したことや失敗したことを包み隠さず開示されました。これらエピソードを独立後直面する事例として、受講生は真剣に聴き入っていました。

本日最後のカリキュラムはプレゼン演習です。前回アドバイスを受けた「スタートアッププラン」をブラッシュアップしたものを、講師の前で発表しました。初日の自己紹介で受けた指摘や本日の第6講で学んだ内容に留意しつつ、各自工夫した発表内容となりました。各自発表後に全講師から受けた指導を踏まえ、次回の演習にて企業診断の報告を行います。

purezenn.jpg

 講義終了後、恒例の懇親会が開催されました。回を重ねるごとにお互いのコミュニケーションも密になり、講師への個別質問や受講生同士の情報交換など、熱心な話が時間一杯続きました。

konnsinn1.jpgkonnsinn2.jpg

 次回は1月21日(土)、22日(日)の2日間にわたって経営診断報告会が開催されます。第12期プロコン育成塾のカリキュラムの山場です。受講生の皆さんにとっては、集大成となる発表です。今まで学んできたものをすべて発揮し、精一杯の報告をお願いします。

 第11期までの修了生の方々もぜひご参加いただき、後輩たちの発表を見守っていただけることを期待しています。
posted by プロコン育成塾 at 21:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

受講生の声をお届けいたします!(廣瀬達也さん)

「焦り」と「気づき」そして「飢え」


 プロコン育成塾第12期生 廣瀬達也です。

廣瀬さん自己紹介.jpg

 この塾については、以前は「勤め人の自分とは違う世界だ」と他人事のように思っていました。そんな私が、今回の募集開始早々に「エィッ!」とエントリーしてしまいました(残念ながら申込順のトップではありませんでしたが・・・)。私の背中を押したのは、急速に忍び寄ってきた3つの感情でした。

 @成長していない自分に対する「焦り」
 A自分の可能性を今の会社に閉じ込める必要はない、という「気づき」
 B自分を鍛える場への「飢え」

 Bについて補足します。もちろんツライことはキライなのです。しかしこの齢になると、時に厳しく叱ってくれる人や環境が減ってきています。プロコン育成塾に入ることで、その環境が再び手に入ると考えました。

 塾では、「一人で企業を診断するのが大変(というか怖い)」「『自分の商品』がイメージできない」などなど早々に鍛える場をいただき、お腹が一杯になってきています・・・。
その中で塾生として、診断士として、しっかり成長していきます。引続きご指導のほど、よろしくお願い致します。


posted by プロコン育成塾 at 20:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

受講生の声をお届けいたします!(佐々木康祐さん)

こんにちは、プロコン育成塾第12期生の佐々木康祐です。


佐々木さん自己紹介.JPG


 実務補習は期間が短いこともあり、「お客さんから報酬を貰える診断書」に必要な「何か」を教えてもらえませんでした。この答えを知りたくて、プロコン育成塾の門を叩きました。


 9月から月1回で始まっている講義では、知りたかった「何か」を、先生方の講義の都度、一つずつ手に入れています。現時点で私が学んだ「何か」は、診断上の次の留意点です。
  • 経営上の「現象」と「ニーズ」を峻別し、「ニーズ」に対する解決法を提案しなければ本質的な経営変革・改善に結実しない。
  • 解決法は、先方の「人財」の力をよく識ったうえで提案する。
  • 限られた時間で的を射た「現象やニーズ」を把握して解決法を考案するには、「仮説」の構築による効率的な調査と、「ニーズ」に関する「なぜなぜ」を徹底して自問自答することに尽きる。
 今後進展する講義で得た教えも活かして、訪問先企業に役立つ診断をしたいと張り切っています。先生方には引き続き、ご指導をよろしくお願いします。



posted by プロコン育成塾 at 18:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受講生の声をお届けいたします!(楠田貴康さん)

プロコン育成塾に入塾して 楠田貴康

楠田さん自己紹介.jpg
 
 志願して入塾した「プロコン育成塾」から数々の学びをいただき、ありがとうございます。この場を借りまして講師、事務局、第12期生の皆々さまに感謝申し上げます。

 さて、私がこの塾を志願した最大の魅力は、一人で企業診断ができることです。
講義でのインプット体験とノウハウの詰まった「虎の巻(テキスト)」をもって診断現場に挑めることに、最高の興奮を感じております。

 塾では次の3つことを大切に学び、「今しかない!」という気構えでいます。
 1.診断現場で何が起きているのかを知ること。
 2.残された時間は少ないこと。
 3.自分の商品を早く創り、売り出すこと。

 私が将来めざすプロコン像は、公的機関(7割)+民間企業(3割)活躍でき、またBtoB、及びBtoCを対象とした「クレーム対応マニュアル」によるボトルネックを解決できるコンサルです。これからもよろしくお願いします。


posted by プロコン育成塾 at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第12期プロコン育成塾 第3回が開催されました!

11月5日(土)、第12期プロコン育成塾の第3回目が開催されました。

 本日前半は、小畑講師より第3講「プロコンの商品作りと営業力」を講義いただきました。

 まず「プロコンの成長ステージ」として、独立後の成長過程を3段階に分け、各過程の内容と注意点をご紹介されました。ご自身の成功や失敗の体験談を、笑いも交えながら情熱の溢れる語り口で伝えられました。塾生からは「これから自分が経験するステップを具体的にイメージできた」と好評でした。

小畑先生.JPG

 続いての「プロコンの商品づくり」では、オリジナル商品を作るコツや価格戦略など、業務メニューについての解説です。仕事で得た知見を基に商品にまとめ上げる方法や、差別化するための考え方が紹介されました。また、価格の設定は独立後に最も悩む点の一つです。他ではなかなか教えてもらえない話であり、塾生にとっては大いに参考になったことでしょう。

 最後の「プロコンの営業活動」では、独立後に活用できる具体的なノウハウが教示されました。その実戦的な内容をぜひ自分のものにしようと、各人、真剣に聴き入っていました。

 小畑講師は常々、「明日から何をするかを考えよ」と強調されます。「研修で知った、分かったというだけでは、ビジネスの役に立たない。行動を変えてこそ結果が変わる」という意味です。この言葉を受けて、終了後の受講アンケートには、それぞれ明日からのアクション項目が挙げられていました。


 さて本日後半は、高越講師の第4講「中小企業特有の財務診断」です。

 中小企業の財務に関わる裏側について、会計事務所での豊富な支援経験に基づきお話しされました。
 中小企業の決算書に多く見られる矛盾点や数字の持つ意味、貸借対照表や損益計算書で診るべきポイント、また数字に現れる経営者の考えにまで話は及びました。決算書を開示された際には、「最初の20秒」で何を指摘するかが重要です。細かい数字に惑わされず、コンサルタントとして最低限押さえるべき点をお教えいただきました。あわせて、財務分析だけに走るのではなく、「ヒアリングを通じてしっかりと経営者の想いを汲み取り、SWOT分析で改善の方向性を確立することが最も重要」と強調されました。

高越先生.JPG

 財務という切り口から見た現場の話に触れ、塾生にはこれまで診断士として学んできた知識がより生々しい感触を持って感じられたのではないでしょうか。ちょうど診断実習が始まった時期でもあり、質疑応答では訪問先企業を想定した質問が時間一杯まで続きました。


 本日最後のカリキュラムは、「プロコン商品企画」と「プロコン・スタートアッププラン」をテーマにした、個別アドバイスです。各自が自分の強みを活かした商品の企画と行動計画を事前に作成しており、講師から一人一人アドバイスを受けました。

 経験豊富な講師陣からじっくりとアドバイスを受ける機会は、大変貴重です。塾生は、今後の方向性について多くの気づきを得られたのではないかと思われます。これを機会に、自身のプランをさらに練り上げていくことを期待します。

プラン・商品企画ワーク1.JPG

プラン・商品企画ワーク2.JPG


 講義終了後には、恒例の懇親会が開かれました。3回目ともなると塾生同士や講師との距離も縮まり、和やかな空気のうちに会を終えることができました。

第3回懇親会.JPG

 次回(第4回)は、12月3日(土)に開催予定です。この日はプレゼン演習も予定されています。企業診断も並行して進んでおり、講義の復習とともに負担が大きくなりますが、これからが当塾の佳境です。体調管理のうえ、しっかりと準備をして臨まれるよう期待しています。


posted by プロコン育成塾 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする