2019年11月05日

塾生の声をお届けします(富田和也さん)

プロコン育成塾第15期生の富田和也です。

tk.jpg


 当塾を受講したきっかけは、今後、独立開業の道を進んでいくべきかを考えていた時に、当塾の修了生の方からお話を伺ったことでした。


 実際に受講して強く感じたのは、講師の方々が「使命感」や「社会貢献」といった心や、「信義」を大事にされていることでした。これまで自分のやりたいことや出来ることを中心に今後の活動を考えていた私にとって、大きな意義あるものになると考えました。


 講義の内容も現実的かつ実践的で納得できることばかりで、講師陣の話に聞き入っています。また、講師陣から個別アドバイスを受ける時間は、その度に、自分の殻が一枚ずつ剥がされていくような、気づきを感じられる時間でもあります。


 現在、一人一社の経営診断が始まっています。使命感や社会貢献を意識し、学んだことや気づいたことを活かしたいと思います。診断先企業にも新たな気づきを持っていただき、行動を変革させられるように頑張ります。
posted by プロコン育成塾 at 11:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

第15期プロコン育成塾 第4回が開催されました!


 去る10月26日(土)、プロコン育成塾第4回が開催されました。

 今回はグループ討議です。


全体(加工済)1.jpg


全体2加工済.jpg


 各塾生が進めている経営診断について、中間報告を行う日となります。方向性の確認や重大な視点の漏れを気づく場として、昨年度から設けられた半日のカリキュラムです。


 塾生3〜4名に対し講師とアドバイザーが数名付いたグループに分かれ、まず各人からの経営診断経過を報告します。次に他の塾生からの意見や質疑が交わされ、最後に講師・アドバイザーが質問や助言をします。塾生同士の活発な議論は、発言をする側になることで気づくことも多く、学びが深まる貴重な場です。


全体2-2.JPG


討議2.jpg



 講師・アドバイザーからは、

「全体の構成を考え直すべき」

「社長が言われた事をそのまま鵜呑みにしていないか?コンサルとしての分析をするべき」

「こう判断していることに根拠はあるのか?」

といった厳しい言葉もありました。


 休憩時間も、追加で講師やアドバイザーから直接助言があったり、塾生同士で気づきを共有したりする姿などが見られました。


休憩中2.JPG


InkedInked休憩中3_LI.jpg


 終了後は、場所を移し懇親会です。新たに出てきた疑問点を講師に質問する姿や、お酒を酌み交わしながら交流を深める姿が見られました。緊張感がほぐれ、日中に聞きにくかった事もざっくばらんに尋ねることができる場にもなっています。


懇親会1.jpg


懇親会2.jpg

懇親会3.JPG

 塾生からは、

「このように同期の仲間や講師の先生方からご意見をもらえるのはありがたい」

「自分でできていないかな、と思っていた甘い部分を指摘された」

「自分の視野の狭さに気づきました」

「目先の提案だけではなく、ゴールを見据えた提案をしていきたい」

との感想が聞かれました。


 今後は、追加修正をしながら経営診断を進めていき、全員の前で発表する12月14日(土)、15日(日)の報告演習を迎えます。次回の11月9日(土)では、その前段階として5分間のプレゼンをし、講師・アドバイザーからプレゼン技術について助言をもらいます。


 第15期プロコン育成塾もいよいよ佳境を迎えています。季節の変わり目なので体調に万全を期し、次回臨んでほしいと思います。



posted by プロコン育成塾 at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

塾生の声をお届けします(林さん)

 プロコン育成塾第15期生の林です。


林さん写真.jpg


 私は、診断士試験に合格すると同時に独立しました。もともと小規模企業の役員をしており、その経験を活かせばコンサルタントとしてもやっていけると考えていたからです。しかし、プロコン育成塾を受講して、この考えは甘かったと反省しています。


 講義では、講師陣の実務経験に裏付けられたノウハウの提供があり、毎回圧倒されています。本質的な経営課題を見抜くためには、聴く力や質問する力、診る力など様々なスキルを高める必要があると痛感しました。


 また、当塾ではプロコンとしてのあり方までご教示いただき、心技体のすべての面が鍛えられていると感じています。講義や演習はもちろん、懇親会でもアドバイスをいただけるため、それを吸収するだけでも大変です。自分のあり方や行動に取り入れるために試行錯誤しています。


 私は会社役員時代に、当塾修了の診断士の方々にお世話になりましたが、あの「頼もしさ」がここで育まれたのだとすれば、納得がいきます。


 先日は、プロコンの商品づくりについて、厳しくも的確な助言を受けました。おかげさまで次に取り組むべきことが明確になりました。いつも私達塾生と真剣に向き合ってくださる先生方に感謝しています。


 今後も誠心誠意、出し惜しみすることなく診断実務に取り組み、診断先企業に貢献したいと思います。そして、高い価値を提供できるプロコンへステップアップするため、学んだことを自分の血肉としていきます。
posted by プロコン育成塾 at 10:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする