2018年07月05日

プロコン育成塾を修了して(鱧谷友樹さん)

 プロコン育成塾第13期生の鱧谷友樹です。


鱧谷友樹_0529.jpg

 4月下旬に診断先企業への報告会を終え、全てのプログラムを無事修了 しました。

 1月の報告演習を終えてからの3カ月間は特に、何をしていても経営診断のことが頭から離れず、これまでの仕事人生にはないプレッシャーを感じた日々でした。

 特に悩んだのは、現状分析から提言までのストーリーを簡潔で分かりやすく組み立てるところです。報告会までに2回程、骨格から書き直しましたが、ストーリーの筋を通すことで、「経営者に伝わりやすい=実行に移しやすい」提言になることを実感しました。

 今回経験したのは、座学で学んだことのほんの一部だと思います。これからも様々な壁に当たると思いますが、その度にプロコン育成塾のテキストやノートを振り返って、本当に企業のお役にたてるようなコンサルティングができるよう精進していきたいと思います。

 最後に、塾という関係性でなければ言いにくいような指摘、アドバイス、苦言をいただいた講師の皆様、いつもフォローしてくださった事務局の皆様、多くの刺激をもらった同期の皆様、本当にありがとうございました。

 いろいろな気づきを与えていただいた先生方、事務局の皆様、そして同じ志を持って学んだ同期生の皆様、本当に感謝しております。
posted by プロコン育成塾 at 04:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

プロコン育成塾を修了して(西島拓さん)

 プロコン育成塾第13期生の西島拓です。


西島拓_0529.jpg

 2017年1月に中小企業診断士試験に合格し、実務補修も終わらないままプロコン育成塾に飛び込んだことは、ちょっとした冒険でした。それまでの私は、大きな組織の一員としてしか働いたことがなく、ましてや会社の命運を左右するような事柄に深く関わることがなかったからです。
 私にとっては、会社を背負う社長と一対一で向き合い、あるべき姿を導き出すことの難しさを体感した半年間でした。

 当たり前のことですが、どこの誰かもわからない人間に、自らの根源に関わるような問題点を進んで語る人はいません。プロコン育成塾での企業診断では、いかに社長と信頼関係を築き、真剣に悩んでいる事柄を引き出すかを求められました。

 また、社長の話した内容を鵜のみにせず、現場の観察やデータによって客観的に状況を把握して社長に指摘することも、コンサルタントとして重要な役割であると何度も指摘されました。

 私は結局、この塾を修了後もすぐには独立せず 、会社に残ることを決断しました。プロコンとしてやっていくには、その前にまだまだなすべきことがあると気づかされたからです。けれども、相手の本当の問題を解決してこそ中小企業診断士の存在価値がある。そのことを忘れずに、一日も早くプロコンとして独り立ちできるよう精進していきたいと思います。

 いろいろな気づきを与えていただいた先生方、事務局の皆様、そして同じ志を持って学んだ同期生の皆様、本当に感謝しております。
posted by プロコン育成塾 at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロコン育成塾を修了して(KHさん)

 プロコン育成塾第13期生のKHです (都合によりイニシャルでの投稿とさせていただきます)。

 2017年9月から約半年にわたる長丁場のプログラムでしたが、修了してみれば、あっという間でした。その間にお世話になった講師の皆様、事務局の皆様には心より御礼を申し上げます。また、戸惑い、苦労しながらも頑張る同期の塾生の方々の姿は、私が本塾の全過程を完遂するうえ での大きな励みとなりました。同期の皆様にも感謝いたします。

 私は、2015年に診断士登録を行っていますが、企業に所属しており、診断士としての活動は行っておりませんでした。ただ、いずれは中小企業診断士として、中小企業のお役に立ちたいと考え、本塾を受講 させていただきました。

 講師の先生方は、自らのプロコンとして培われたノウハウを惜しみなく塾生に伝授すべく、最大限の努力をしてくださいました。しかし、企業診断実習を含む本塾の全プログラムを終えて、私のパフォーマンスに頂いた先生方の評価はかなり手厳しいもので、自分の現状がプロコンと認められるレベルから如何にかけ離れているかを痛感させられました。

 客観的にみた自分の現状を知り、かつ、どのような状態を目指すべきか、そのギャップを確認できたことが、本塾に参加した最大の成果と考えています。 その成果をもとに今後、全力をもって研鑽に努める所存です。講師および事務局の先生方、そして、同期の塾生の皆様、これからもよろしくご指導、ご鞭撻をお願いいたし ます。
posted by プロコン育成塾 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする