2018年12月28日

第14期プロコン育成塾 第5回が開催されました!

 去る11月10日(土)、第5回プロコン育成塾が開催されました。


 最初の講義は、伊藤講師による第6講「プロコンに求められる文章力・書類作成能力」です。

 新聞社に勤務していた経歴を持つ講師の経験に基づき、良い文章を書くための3つのポイントとその方法論をお話しいただきました。


CIMG1008改.jpg


 プロコンは、報告書など文章を書く機会が多いので、良い文章を書くことは継続的に取り組むべき課題となります。例えば、言葉の選択一つによっても、文章全体のニュアンスは全く異なってきます。講義では、多くの事例を示しながら、「どうすれば良い文章に改善されるのか」について、論理的な説明がありました。また、「理解があいまいな言葉があれば、その都度、辞書で確認することが大切である」といったアドバイスもありました。

 塾生は、読み手にどう伝わるかを常に意識して文章を書く習慣を身につけることの大切さを学んだことでしょう。診断先企業への報告書作成に際しても、何度も推敲を重ねていただきたいものです。


 第7講は、引き続き伊藤講師より「説得力を高めるプレゼンテーション方法」の講義でした。


InkedCIMG1052_LI.jpg


 プロコンは、セミナーや研修の講師として人前で話す機会が多く、また経営者や関係者へのプレゼンスを高める意味でも、プレゼンテーション能力は必須の能力といえます。

 プレゼンテーションにおいては、スキルやテクニックも大切です。しかし、それだけでは相手には響きません。説得力を高めるためには、話し手として自らの人格や品格を高め続けることや、理念や使命感を明確に持っていることこそが大切であると説明されました。そして、伝えたい想いを持って自分の言葉で話すことが重要との話もありました。

また、プレゼンテーションの3つのステップとして、講師自身がセミナー等で心がけていることを実例を交えて説明されました。他にもプロらしさを印象付けるための立ち居振る舞い、服装などについても解説されました。

 実例を交えた講義を通して、塾生は日頃の所作を含めたプロコンとしてのあり方の積み重ねが、プレゼンテーションの質を高めることを学んだのではないでしょうか。


 午後からの第8講は、志水講師より「独立1st(ファースト)ステージにおける公的機関の仕事」と題し、独立後のスタートアップ時期における公的機関中心の業務内容が紹介されました。


CIMG1088.JPG


 独立直後は、県や市、商工会議所等の公的機関の専門家登録や診断士協会の紹介から仕事を始めるケースが多いものです。そうした公的機関を通じた仕事に特有の留意すべき点や、会社勤めでの長年にわたる習慣から陥りがちな失敗もあります。

 講義では、講師自身の駆け出し時代の工夫や当時のスケジュール帳まで包み隠さず伝えられました。塾生にとって、ここまで赤裸々な話を聞く機会は他にはなかったでしょう。塾生は、スライドの細部を見ようと席を離れてスクリーン前に集まり、熱心に質問していました。


志水先生.jpg


 その後は、塾生によるプレゼン演習です。

前回アドバイスを受けた「スタートアッププラン」をブラッシュアップさせ、全員の前で発表しました。発表後には講師からフィードバックがあり、次回の演習ではこれを踏まえて企業診断の報告演習を行います。








 懇親会では、緊張が解けた勢いでお酒が進み、会話も弾みます。




 座学のカリキュラムはこの日ですべて終了しました。次回は第13期までの修了生も見守る中での報告会演習です。精一杯の力を発揮してくれることと期待しています。


posted by プロコン育成塾 at 17:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

塾生の声をお届けします!(足立悠平さん)

 第14期プロコン育成塾、塾生の足立悠平です。


resize足立さん.jpg


 私は20174月に中小企業診断士登録し、すぐに独立診断士としての道を歩み始めました。もともと行政書士として開業しており、一人でやっていくことにある程度の自信がありました。

 しかし、コンサルタントの仕事は未知の連続でした。自分なりに精一杯仕事をこなしてきたつもりですが、果たして顧客のために少しでも役に立ったのだろうかというと、自信を持ってそうだと言い切ることはできません。

 一人きりで乗り越えてきた診断士1年目を振り返り、自分の未熟さを改めて痛感しました。そんな中で頭に浮かんだのが、実務補習の教官から勧められたプロコン育成塾でした。


 当塾の講義や演習は、他の塾生も語るとおり、プロコンに必須のものばかりです。先生方の実践的なノウハウは他では得難い貴重な内容であり、演習では自分の未熟さが浮き彫りになります。自分の不出来に毎度落ち込む日々を送っていますが、必死で食らいついて今日までやってきました。


 この文章を書いている時点では、講義がすべて終了し、あとは報告演習等を残すのみです。これまでの講義・演習の成果を出すべく、そして足繁く通った診断先企業に少しでも貢献できるよう、引き続き全力で取り組んで参ります。


 最後になりましたが、私達塾生がこのような場所で講義を受け、演習を通して切磋琢磨することができるのも、この環境を用意していただいている皆様のおかげです。大変お忙しい中、毎回私達のために集まっていただいている講師の先生方や、会場準備や運営、懇親会手配などにご尽力いただいている事務局の方々にはこの場をお借りしましてお礼申し上げます。


posted by プロコン育成塾 at 15:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

塾生の声をお届けします!(T.Kさん)

 第14期プロコン育成塾、塾生のT.K.です。


InkedCIMG0509_LI.jpg


 私は中小企業に勤めています。「自社での実体験を応用し、プロコンとして他の中小企業に貢献したい」。それだけではなく、「プロコンとしての視点やスキルを習得し、自社の成長に貢献したい」という思いがあり入塾しました。


 当塾は一貫して、プロコンとしての本質を重視しています。その中で私が一番ありがたく感じている点は、自分の考え方や振舞いなどに対して率直なフィードバックをいただけることです。実際にプロコンとして活躍されている講師やアドバイザーの方々からのフィードバックです。的確で説得力があり、私自身の意識を変える力を持っています。


 私がこの先プロコンとしてやっていく中で、壁にぶつかり思い悩む場面もあると思います。その時に回帰すべき原点がここになるだろう、という予感があります。強固でぶれないプロコンの基礎を築けるよう、引き続きこの場を活かしていきます。


posted by プロコン育成塾 at 17:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする