2017年05月21日

プロコン育成塾を修了して(廣瀬達也さん)

 プロコン育成塾第12期生の廣瀬達也です。

 4月の診断先企業への最終報告をもって、全てのカリキュラムを本当に無事に修了することができました。

廣瀬さん写真ラスト.jpg


この塾の「熱い講義」と「診断実務」は、私にとって得難い成長の場となりました。

【熱い講義】
 プロコンとして活躍されている講師の方々の講義は、実際の経験に裏付けられた熱く濃いものでした。「ここまでオープンに教えてくださるのか!」と思える貴重なノウハウ、そしてエネルギーをいただきました。自分の経験だけで同等なボリュームの知識やスキルを習得するとしたら、何年かかるか想像できません。

【診断実務】
 複数人でワイワイやった実務補習しか体験していない私にとって、この塾で体験した一人での企業診断は予想(期待?)どおり厳しいものでした。
 自分一人で「考える」「調べる」「提案する」「行動変革を実現する」という、プロコンの基本動作を学ぶ機会となりました。サンプル的な報告書の雛形を見せてもらったり、おおよその筋道を示してもらえたりすれば、経験が浅いなりに前に進むことはできます。しかし、この塾では「自分一人」で考えて行動しなければいけません。「教えてもらえない」は泣き言にしかならないのです。

 最後に、診断先企業、講師の方々、事務局、そして素敵な第12期生の皆さんに改めて感謝します。これからもよろしくお願いいたします。


posted by プロコン育成塾 at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

プロコン育成塾を修了して(森本美弥さん)

 プロコン育成塾第12期生の森本美弥です。

 開講当初は「修了することができるのだろうか」と不安な気持ちで一杯でしたが、先生方の熱い指導と診断先企業のご協力、同期の仲間の応援やアドバイスにより、最終報告を無事に終えることができました。

森本さんラスト.JPG


 この8か月間は、「どう進めていけばよいのか」「何をすべきか」と悩むことが多くありました。しかし一方で、新しいことを多く学び、学んだことを実行することで毎日がとても充実しておりました。診断先との打ち合わせで提案した内容をすぐに実行していただいたことや、「今まで気付かなかった指摘をありがとう」という言葉を頂戴したことが大変うれしく、さらに先方の行動変革につながる提案をしたいと、夢中になって取り組むことができました。反面、問題の真因追究や提案内容、プレゼン技術など、まだまだ未熟な点も多いことを痛感しました。

 今後はプロコン育成塾で学んだことを活かし、企業のお役に立てるよう努めてまいりたいと思います。先生方、事務局の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


posted by プロコン育成塾 at 15:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

プロコン育成塾を修了して(小島勉さん)

 プロコン育成塾第12期生の小島勉です。

 プロコン育成塾の診断実習では、実務補習と異なり、独力で一社の報告書をまとめ上げることに不安がありました。しかし、報告会で先方企業より「提言を踏まえ、試してみた」とのお言葉をいただいた際には、やりがいとともに責任の重さを感じました。

小島さん写真ラスト.JPG


 診断実務では自分の100%の力を出したつもりですが、「もっとここをこうしておいたほうが良かったのではないか」「ああしておいたほうが先方に受け入れやすかったのではないか」と一人悶々とし、報告会直後には夢に出てくることもありました。
 プロコンとして企業と係わることはこのような葛藤の繰り返しなのかと、垣間見ることができたのではないかと思います。

 諸先輩方がおっしゃっていたように、「報告会はゴールではなくスタート」であり、足りなかったものをどのように身に付けていくか、引き続き精進したいと思います。

 最後になりましたが、診断実務をご指導いただいた伊藤先生を始め、講師の皆様や事務局の方々、諸先輩方、このような機会をいただいた診断先企業にお礼を申し上げます。


posted by プロコン育成塾 at 16:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする