2018年10月21日

塾生の声をお届けします!(木下充啓さん)

 第14期プロコン育成塾、塾生の木下充啓です。


木下充啓さん.JPG


 私は今年の1月に独立しました。当初、1年間は人脈づくりと勉強の期間だと位置づけ、来年からが本番と考えていました。しかし、半年が経過した頃、1年間頑張れば2年目からは何とかなるだろうという見通しは、楽観的過ぎたということに気づきはじめました。


 ちょうどその頃、「プロコン育成塾の募集が開始される」と先輩から連絡をいただき、基礎から実際の業務までをしっかり勉強する必要があると考え受講を決めました。


 10月初旬までに3日間の受講を終えましたが、講義の内容はすべて興味深く、なるほどと納得できるものばかりでした。また、一人で経験を積むことが難しかった経営診断実務に携われることは、貴重な経験になります。自分の実力を把握し成長するために、報告会までしっかりとやり遂げたいと思います。


 当塾で先生方の薫陶を受けてプロコンの水準の高さを知り、当初の甘い考えはすでに抜けました。これからも塾生の仲間と切磋琢磨しながら、来春の全過程終了時には当塾修了生として恥ずかしくないプロコンになれるよう頑張ります。

posted by プロコン育成塾 at 21:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする