2017年07月13日

プロコン育成塾を修了して(杉本明さん)

 プロコン育成塾第12期生の杉本明です。


杉本さん写真.JPG



 プロコン育成塾にて、一人で企業診断をした際に痛感したのは、私自身、「分析の切り口」の手持ちが少ないということでした。「この業界ではこれが重要だ」とか「そんな方法は駄目に決まっている」といったステレオタイプな考え方は厳に慎むべきですが、自分の引き出しとして多くの切り口を持っていなかったために、診断先企業を7回も訪問する結果になったと反省しています。

 企業診断におけるもう一つの反省点は文章です。これまで技術系の文章は多く書いてきましたが、経営に関する執筆経験は少なく、これが報告書作成に如実に出ました。最後は、指導講師である柳先生の添削に頼るしかありませんでした。

 切り口に関しては、これからも大阪経済大学のコンサル授業等を受けて、自分の引き出しを豊富にするべく努めていきます。文章は書くことでスキルを高めるしかありませんが、まずは柳先生による添削を教材にしようと思っています。ご指導いただいた先生方に感謝いたします。


posted by プロコン育成塾 at 23:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする