2017年05月21日

プロコン育成塾を修了して(廣瀬達也さん)

 プロコン育成塾第12期生の廣瀬達也です。

 4月の診断先企業への最終報告をもって、全てのカリキュラムを本当に無事に修了することができました。

廣瀬さん写真ラスト.jpg


この塾の「熱い講義」と「診断実務」は、私にとって得難い成長の場となりました。

【熱い講義】
 プロコンとして活躍されている講師の方々の講義は、実際の経験に裏付けられた熱く濃いものでした。「ここまでオープンに教えてくださるのか!」と思える貴重なノウハウ、そしてエネルギーをいただきました。自分の経験だけで同等なボリュームの知識やスキルを習得するとしたら、何年かかるか想像できません。

【診断実務】
 複数人でワイワイやった実務補習しか体験していない私にとって、この塾で体験した一人での企業診断は予想(期待?)どおり厳しいものでした。
 自分一人で「考える」「調べる」「提案する」「行動変革を実現する」という、プロコンの基本動作を学ぶ機会となりました。サンプル的な報告書の雛形を見せてもらったり、おおよその筋道を示してもらえたりすれば、経験が浅いなりに前に進むことはできます。しかし、この塾では「自分一人」で考えて行動しなければいけません。「教えてもらえない」は泣き言にしかならないのです。

 最後に、診断先企業、講師の方々、事務局、そして素敵な第12期生の皆さんに改めて感謝します。これからもよろしくお願いいたします。


posted by プロコン育成塾 at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする