2019年09月27日

塾生の声をお届けします(松本 泰良さん)

プロコン育成塾15期生の松本 泰良です。

15_12_matsumoto.jpg

私が「中小企業診断士になろう」と思ったのは、長年勤務していた会社の経営が盤石ではなくなってしまったことがきっかけです。会社に自分の生殺与奪権を握られるのではなく、自立した生活ができる道を探った結果でした。

ところが、いざ中小企業診断士の勉強を始めると、「経営をもっと学びたい」、「人や組織はどう行動するのか知りたい」といった思いが湧き始めました。

プロコン育成塾は、独立を前提として、それらの思いを実戦で勉強できる「虎の穴」だと思い、入塾を決めました。

実際に始まってみると、講師陣の熱いトークや洗練されたテキスト、塾の運営などに無駄はなく、まさに「プロコン一直線!」という印象です。特に、思考や行動に率直な考えを返していただける講師陣の厳愛を感じており、本当に感謝しています。

今後の経営診断実習では、全分野の診断・支援を一人で行うこととなり、期待と不安が入り混じっています。しかし、多数の方々にご指導いただける機会は貴重であり、自分の短所・長所をはじめ、すべてを棚卸する覚悟で臨みたいと思います。

辛面白い(つらおもしろい)というか、厳しくも楽しい貴重なカリキュラムを経て、プロコンに向けて成長したいと思います。



posted by プロコン育成塾 at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

塾生の声をお届けします(衣笠 晴人さん)

プロコン育成塾15期生の衣笠 晴人です。


受講のきっかけは、私が「診断士登録後、どのように実践を積み、スキルを高めていけば良いのか?」と考えている時に、偶然、プロコン育成塾修了生の方から当塾の存在をご紹介いただいたことです。

受講を逡巡しましたが、先生方の豊富な経験・ノウハウを基にした講義に圧倒され、「やはり受講をして良かった」と感じています。特に印象に残っていることは、先生方が共通して「心」の重要性を説かれていた事です。

プロコンの原点である「心」をより高め、「行動」を「愚直」に繰り返すこと。

「これが最も自分に必要なことである」と痛感しました。

今後、プロコン育成塾の目玉である「一人1社の経営診断実習」を含め、様々な体験をすると思います。
その体験を、どのように自分自身の経験に昇華させていくのか?

「愚直に」体にも脳にも汗をかき、「行動」を繰り返す事で、自分自身の成長に繋げてまいります。

posted by プロコン育成塾 at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

第15期プロコン育成塾 第2回が開催されました!


 厳しい暑さが残る中、プロコン育成塾第2回が9月8日(日)に開催されました。


全体写真.jpg


 前半は、大場塾長による第2講「経営コンサルティングの具体的な進め方」についての講義です。事前準備から初回訪問時の注意点、問題点の洗い出し、原因分析、改善策の立案など各ステップの核心についてお話がありました。


大場先生.JPG


 塾生も普段使っているSWOT分析については、本来どのように作成していくべきなのか、といった説明から、塾長の30年間の経験で作られた独自の活用方法も惜しみなく披露されました(製造業と食品スーパーのSWOT分析着眼点表を、塾生にはファイルベースで提供しています)。


 経営コンサルティングの本質は、「経営者の考え方を変え、行動を変革させること」です。そのためには最終報告まで待たずに、可能な範囲で初回訪問時からアドバイスをしていくことが必須です。



 午後からは、ヒアリング時に活用できるカウンセリング技術の基本を学びました。経営者の本音を引き出すためには傾聴スキルが欠かせません。塾生は、二人一組でのロールプレイングを通じて、相手の話を傾聴する姿勢と方法の体験です。


InkedInkedロープレ1_LI.jpg 


Inkedロープレ2_LI.jpg


 まずは相手の話を全く聴かない姿勢、そして傾聴スキルを意識した姿勢で聴いてもらいました。体験してみることで、傾聴の大切さをより実感することができたようです。



 引き続き、東松講師によるグループワーク「本質的原因の掴み方と効果的なヒアリング」が実施されました。経験の浅い頃は、目の前にある現象にとらわれてしまいがちです。その結果、真の問題点を見つけられず、誤った解決策を提示してしまいます。当塾では、表面的な対症療法の提案ではなく、本質的な問題解決に向けた提案を重要視するため、このグループワークを設けています。


東松先生.JPG


 MECE(お互いに重複がなく、全体として漏れがないこと)な分析とするために、「心」「技」「体」の3つの観点でわけて考える方法の説明がありました。そして、それぞれからさらに深掘りをすることで、本質的原因を捉える考え方を学びました。


グループワーク1.JPG


グループワーク2.JPG


グループワーク3.JPG


 塾生からは「心技体の考え方がとてもしっくりきた」「難しかったが、さらに復習して実践に移していきたい」という声が聞かれました。こうした試行錯誤を何度も繰り返し、真因を探し出す能力を身に付けてもらいたいものです。



 本日最後のカリキュラムは、冨松講師による第3講「中小企業特有の財務診断」です。中小企業の財務に関わるポイントから具体的な数値に落とし見える化する大切さなどが伝えられました。


冨松先生.JPG


 講義は、コンサルタントとして財務諸表で診るべきポイントや、財務諸表には表れない経営の部分を具体的に数値化することの重要性などが伝えられました。財務諸表は他の士業でも見る機会は多くあります。しかし、「中小企業診断士だからこそ見ることのできる視点で経営を見える化する」ことが我々の大切な役割であることが強調され、塾生はメモを取りながら真剣に耳を傾けていました。


 その後は、診断先発表を前に、吉田アドバイザーより初回訪問時の注意事項の説明がありました。初回ヒアリングは関係形成を図り、信頼を得る「勝負の場」でもあります。初回訪問がうまく進むよう、過去の塾生ができていなかった点を中心に注意を促しました。


吉田アドバイザー.JPG


 そして、いよいよ企業診断演習の担当企業(業種)と担当講師・アドバイザーの発表です。今後、塾生は講義での学びと並行して、実践の場で企業支援をしていきます。 



 懇親会の席では、早速、担当講師・アドバイザーと初回訪問日の調整や注意事項の確認を行う塾生の姿がありました。


IMG_0939.JPG


IMG_0924.JPG


本日の感想として

「明日から使える方法もあり有意義でした」

「SWOTを今まで何度もやったことはありましたが、もう一度見直してやってみたい」

「ワークで学んだことをヒアリングに活かしていきたい」


といった声が多くありました。


IMG_0932.JPG


 また、第1回で学んだことを早速実践に移されている方もいらっしゃいました。


 講師から、「まずは、疑いを持たず、教えられたとおりにやってみることが成長への近道になる」という言葉もありました。


 塾生は、これから担当企業と真摯に向き合う中で、どのように成長していくのか楽しみです。


posted by プロコン育成塾 at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする