2019年04月27日

プロコン育成塾を修了して(稲谷誠人さん)

 プロコン育成塾第14期生の稲谷誠人です。


CIMG1512公開用.jpg


 3月末に、診断先への最終報告会を無事に終えることができました。担当講師をはじめ、多くの先生方や事務局の方に感謝します。これからは塾の名に恥じないよう、学んだことを実践していこうと思います。


 この塾ではとても貴重な体験をさせて頂きました。社会人になって何年も経つと、他人から叱られることは少なくなります。しかし、この塾ではしっかりと叱られました。報告書の書き方からプレゼンの仕方まで、細かくチェックされました。一時期は落ち込むこともありましたが、なんとか堪えて修了することができました。


 塾では、単なるテクニックだけでなく、精神や有り様までを教わりました。最終回で配付された「プロコン10か条」には、大場塾長のプロコンとしての心構えが綴られており、それを読むたびに身が引き締まる思いです。


 今後は塾への恩返しとして、学んだことを実践し、多くのお客さまに喜んでもらえるようにして参ります。


posted by プロコン育成塾 at 20:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

プロコン育成塾を修了して(UAさん)

 プロコン育成塾第14期生のUAです。先日、診断先企業への報告会を無事終了することができました。大場塾長をはじめ講師の先生方、担当講師、同期の皆様、ありがとうございました。


 今の自分に足りないものを見つめ、最後の最後まで悩み続けた9か月間でした。自分の力不足に悲しくなる時もありました。しかし、社長から「こうじゃないかなと思っていたことを、データとして見せてもらえて良かった」という言葉をいただき、とても嬉しくなりました。診断士の先輩から、「診断士としてたまらない瞬間は、お客さまに喜ばれる時」と聞いたことがあります。このカリキュラムを通して、私もその瞬間を味わうことができました。


 プロとしてスタートラインに立ったばかりで、「自分に足りないものをどう埋めていくか」という大きな課題は残っていますが、これを糧に自己研鑽に励みたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


posted by プロコン育成塾 at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

プロコン育成塾を修了して(松尾健治さん)

 プロコン育成塾14期生の松尾健治です。


掲載用_松尾さん.jpg


 プロコン育成塾の約半年間の講義と経営診断の実践のなかで、自分の課題と成長に多くの気づきがありました。なかでも、担当講師をはじめとする講師の方々からのフィードバックを通じて、自分では意識できていなかった視点や思考、行動のクセを把握できたことが大きいです。また、反省点ばかりだけでなく、プラスのフィードバックや自分自身の気づきを通じて、ここまでやった、ここまでできたという達成感を得たり、これは得意だという勇気が湧いたりしました。


 企業の経営者様には、貴重な時間をいただきましたことに感謝申し上げます。私の伝え方や関わり方次第で、経営診断の期間中に目に見える成果をもっと一緒に作ることができたのではないかと感じる部分もあります。それでも、訪問を重ねる中で、「状況を整理できたのもあるが、元気になった。」とおっしゃっていただいたのが嬉しかったです。


 今は、真のプロコンになるための課題や発見とともに、新しいスタートを切ったという思いです。塾での学びと気づきを反芻しながら、精進してまいります。


 最後になりましたが、講師の皆様、アドバイザーの皆様、事務局の皆様、このような場の提供と運営をいただき、ありがとうございました。



posted by プロコン育成塾 at 11:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

プロコン育成塾を修了して(米本幸平さん)

プロコン育成塾第14期生の米本幸平です。


ブログ用.jpg


3月11日(月)に診断報告会を無事に終え、全てのカリキュラムを修了いたしました。


私がこの塾から学んだことは以下の二点です。


1.知識・スキルよりも前にプロコンとしての姿勢・態度が重要である

 私は第1回講義時に非常にラフな服装で参加しましたが、服装、身だしなみにも姿勢・態度が表れる点を指摘されました。33年間の会社勤めの感覚そのままに参加したためであり、改めて自分の意識を変えなければならないと認識できました。


2.経営診断、分析において徹底的に深堀する

 診断実習は、初めて一人で取り組むコンサルティングでした。かなりの時間をかけて分析し報告書を作成したつもりでしたが、12月の報告会演習では「深濠ができていない」旨のコメントをいただきました。最終報告会後の自分自身の振り返りで、「もっと深く入り込めたのではないか」と反省する次第です。


これから独立診断士としての一歩を踏み出すわけですが、この塾で学んだことを実務で発揮できるよう精進してまいります。

最後に講師の先生方、事務局の方々、そして第14期の同期の方々、大変お世話になりました。



posted by プロコン育成塾 at 00:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする