2019年10月19日

塾生の声をお届けします(杉井敦史さん)


 プロコン育成塾第15期生の杉井敦史です。


杉井さん.jpg


 私は2018年4月に中小企業診断士登録をしました。登録してから1年間、中小企業診断士として活動をしたいと思いながら、どのようにすればいいのか分からず、結局何もできずにいました。そんなある日、当塾の募集を知り、「ここに入れば現状を変えられるかもしれない!」と思い入塾を決意しました。


 塾は「講義+経営診断実務」で構成されています。講義では、講師の方々が何年間も蓄積されてきたノウハウや経営者との向き合い方、プロのコンサルタントへの成長の仕方などを直に学ぶことができます。独力でこういったものを作り上げていくには多くの時間がかかるでしょうから、当塾の講義はそれを短期間で吸収できる大変貴重な機会だと思います。


 経営診断実務では、経営者へのヒアリングの中で表面的な助言にならないよう、企業の本当の課題を浮き彫りにすることの難しさを感じています。しかし、講義で学んだ事を忠実に実践し、診断先企業が本当に良くなる改善提案を精一杯作り上げたいと思います。


 これをやり遂げて、プロコンになるための第一歩を踏み出したいと思います。



posted by プロコン育成塾 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

塾生の声をお届けします(岡本友海さん)

 プロコン育成塾第15期生の岡本友海です。


岡本さんb.jpg


 8月にスタートしたプロコン育成塾で、これまで3回の講義を受講しました。


 プロコン育成塾について、これまでの修了生である多くの友人から話には聞いていました。しかし、予想していたよりもはるかに受講生一人一人に寄り添ったご指導をいただいており、感謝しています。特に、グループに分かれて講師陣にアドバイスいただける個別相談は、大変貴重な機会です。


 プロコンとしての商品作りや自身の強みの活かし方などは、独立するうえで必ず考える必要があります。普通なら、正解がわからず不安を抱えながらひとりで悩むことでしょう。こうした自身のスタートアッププランについて講師陣から客観的な意見をいただけることは、他にはない贅沢な機会だと感じています。


 また、プロコンとして活躍されている講師の先生方に、独立当初からこれまでどのように活動されてきたのかを講義や懇親会で包み隠さずご教示いただけることは、プロコンを目指すすべての受講生にとっての道標になります。後半の講義も心待ちにしています。


 つい先日、担当の診断先企業への初回訪問を行いました。いよいよ経営診断が本格的に始まり、1つの企業に対して一人で診断していく実務に入ります。 全ての分野にわたって一人で経営診断に取り組むということに、やりがいとプレッシャーの両方を感じています。


 真摯に取り組むことで診断先企業のお役に立つ報告をし、自分自身の成長にもつなげたいと思います。



posted by プロコン育成塾 at 18:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

塾生の声をお届けします(Y.K.さん)

 プロコン育成塾第15期生のY.K.です。


 数年前に中小企業診断士試験に合格した後、どのように活かせばよいのかを漠然と考える日々を過ごしていました。そのような時に、「高いコンサル理念を持った講師・塾生が集結するプロコン育成塾」という存在を知りました。すぐに「これだ!」と思い、申込受付開始日に申し込みました。


 このプロコン育成塾で最も身につけたい能力は、深掘りする思考力です。今の自分は、本質的な問題や課題を設定する能力に欠けていると思っています。塾では一人で経営診断を行います。本質的な問題や課題を見出す力を身につける絶好の機会だと考えています。


 また、私の課題は実践力です。インプット面では塾の講義を通じて実務で役に立つ知識を身につけ、アウトプット面では報告会演習や経営診断を通じて実践する力を身につけたいです。


 「診断ごっこ」の状態から少しでもプロコンに近づけるよう、試行錯誤しながら、この貴重な機会を活かして全力で取り組む所存です。


どうぞよろしくお願いいたします。





posted by プロコン育成塾 at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

塾生の声をお届けします(吉川さん)

 プロコン育成塾第15期生の吉川です。


吉川さん.PNG


 診断士を取得する過程で得た知識は、様々なシーンで活用できました。しかし、取得後8年が経ち思うのは、「企業内では、部署にもよるものの部分的活用に留まることが多く、包括的・体系的に経営を診る目は低下していくばかり」ということです。また、企業内で活かすにせよ未来の独立を考えるにせよ、プロ並みのスキルを身に付けたいと思うようになり、申し込みに至りました。


 塾の講師陣はプロコンの方々で、講義はもちろん実話に基づくものばかりです。コンサル業界のバリューチェーン、挫折と成功、時々の乗り越え方等、発見の連続でノートが埋まります。診断先企業が様々な特徴を持つのと同様に、コンサルタント側もカラーは千差万別だと知ることができます。そして、「自分はどういうスタイルを築けばよいか」を講師や同期が一緒になって考えてくれることも、当塾の素晴らしい点だと感じます。


 いよいよ企業訪問開始。今後、講師の方々から、指導という名の愛の鞭がビシバシ飛んでくると思うと、ドキドキしながらもワクワクします。ご指南を仰ぎつつではありますが、人生初!一人で診断報告書を仕上げた時の達成感を思い浮かべると、楽しみでなりません。限られた期間、精一杯頑張りたいと思います。



posted by プロコン育成塾 at 23:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

塾生の声をお届けします(西川 和予さん)

 プロコン育成塾第15期生の西川 和予です。



西川さん.jpg

 
 私は、中小企業診断士として登録したばかりで、経験も人脈もほとんどありません。そのような中、「これからプロコンとして活躍していくためのスキルを習得したい」、「ノウハウを知りたい」と考え、申し込みました。


 いざ講義が始まってみると、それは少し甘い考えだったと分かりました。

・カリキュラムに沿って講義を聞き、課題を提出する、ただそれだけでプロコンになれるわけではなく、自らを省み、まずは人として信頼されるコンサルになること。

・そのうえで、講師の方からのアドバイスや仲間からの意見を自身の行動に反映させる。この改善サイクルを繰り返しながら、1日でも早くプロコンになれるよう努力していきたい。

この思いは入塾前の何倍にも大きくなりました。


 いよいよ経営診断が始まり、さっそく講義で教わったことを実践しようと意気込んで臨みましたが、聞くのとやるのとでは大違いでした。反省することばかりです。

 しかし、120%の仕事をして、診断先企業の行動を変革させられるよう、全力を尽くしていきたいと考えています。そして、診断先企業とともに成長できるように、自身も行動の変革を続けていきたいです。





posted by プロコン育成塾 at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする